2011-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月5日(木)「第12回チャリティーニュー埼玉歌謡選手権大会」に参加

gamoukaraoke.jpg



八智代歌謡友の会、松原カラオケ友の会の主催で毎年開催される「ニュー埼玉歌謡選手権大会」に参加してまいりました。

私も友情出演させていただき、日頃の御礼のごあいさつと共に、はずかしながら一曲ワンコーラスですがカラオケを歌わせていただきました。

12回目を迎えたこの大会ですが、私も毎年、裏方として県知事杯の賞状の準備をさせていただいております。ほぼ終日にわたり多くの出演者が自慢の歌を披露し、日頃のカラオケ練習の成果を競い合う大会ですが、今回もなんと160名を超す方々が出演されました。

出演者の皆さんは、東日本の被災者に届けとばかり、心をこめた歌唱を披露されていました。来年の大会が楽しみです。これからも地域の大事なイベントとしてこの大会が永続的に開催されることを期待しております。



スポンサーサイト

4月28日(木)福島県双葉町民の避難場所・旧騎西高校を視察、県知事に要望

gamou1.jpggamou2.jpg
  ↑旧騎西高校

4月28日(木)被災者の皆さまへの支援を前進させるために、福島県・双葉町民避難所である旧騎西高校を視察し、暑さ対策など県知事に要望を行いました。

公明党埼玉県議団の一員として、東京電力福島第1原子力発電所の事故で、福島県双葉町の町民が集団避難している埼玉県加須市の旧県立騎西高校を訪問しました。双葉町の井戸川克隆町長らと懇談し、避難所生活に関わる要望などを聞きました。


gamou3.jpg


私は4月23日に、避難生活する人々に元気を送るため、プロレス団体「ピース」の皆さんと一緒に避難所で行われたイベントに参加しましたので。2回目の訪問となりました。

席上、井戸川町長は、これからの暑さ対策や食事方式、職員の負担軽減など、現状の問題点や今後の課題について説明されました。

意見交換後、党県議団は、井上一芳副町長の案内で避難所内を視察し、町民や保健師の皆さまから直接、お話を伺いました。

その後、党県議団は今回の視察を踏まえ、同日午後、県庁内で上田清司知事に対して「旧騎西高校避難所の支援に対する要望書」を手渡しました。


gamou4.jpg


要望書の内容は、概要以下の通りです。

(1)夏場を控え入浴施設、特にシャワー施設の早期増設(現在6基)
(2)洗濯機の増設(現在15台)
(3)エアコンや網戸の設置
(4)農業を含めた就業支援の充実
(5)県や県内市町の行政職員の応援の検討――など。

以上の内容について、今後、県として被災者支援のメニューに反映されるよう求めました。

これに対し上田知事は、「要望を参考に支援の対応状況表を作成し、早急に進めていく」と約束し、「個々の希望にも丁寧に対応していきたい」と述べました。

これからも、公明党埼玉県議団は、どこまでも現場主義を貫いて迅速に行動してまいります。少しでも被災地の復興と被災された皆様のためにお役に立てる様に働いてまいります。




«  | ホーム |  »

プロフィール

がもう徳明

Author:がもう徳明
埼玉県議会議員「がもう徳明」です。
創価大学文学部英文科卒。建設会社を経て、衆議院議員公設秘書15年。平成15年に県会議員初当選。現在3期目。公明党埼玉県本部副幹事長、団体渉外委員長。妻と一男の三人家族。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。